IMPLANTインプラント

歯牙年齢を若返らせ、まわりの歯の負担を減らせる

歯が欠損すると従来までは入れ歯にするか、健康な歯を削ってブリッジにするという方法しか選択できませんでした。
しかし、これらの方法は、残っている天然の歯に負担をかけることにもなります。
特に着脱式の入れ歯は、安定感もわるく機能面や外観においても満足できないものがありました。
インプラント治療は、これらの問題を解決するために開発された最先端の歯科医療技術で、すでに30年以上の臨床実績があります。
なかでもプラトン・インプラントシステムは、生体になじみの高い純チタンを材質としており、安全面においても高い信頼を得ています。
また、手術における患者さんの負担を軽減するために、1回のみの簡単な手術ですむような術式を採用していることも大きな特徴です。

インプラント治療とは、歯の抜けたところに人工の歯根(インプラント)を植え、顎の骨としっかり固定させた後、その上に人工の歯を装着させたものです。
これにより取り外しの入れ歯の不快感がなくなり、天然歯と同等の力で噛む事が可能となる新しく画期的な歯の治療法です。

ページトップ